これもバレルオルガン?

ドイツでスターウォーズ エピソード1の試写会の為に製作されたレゴでつくられたバレルオルガンの動画です。

YouTube Preview Image

 

さすがストリートオルガンやバレルオルガンのメーカーが現在でも数多く存在するドイツだけあって面白いもの造りますね。

世界のレゴイベントを回った後、ドイツのレゴワールドに展示されるそうです。回してみたいです。

詳細はこちら

パット メセニー

パット メセニー(Pat Metheny)というアーティストをご存知でしょうか。
アメリカを代表するジャズギタリストなのですが、彼の新しいアルバムに使用されている楽器は自動演奏楽器のコレクターとしても、とても興味深いものであると思います。
全編英語ですが是非こちらのビデオをご覧下さい。

YouTube Preview Image

多くの自動演奏楽器は既に過去の遺産と捉えられがちですが、このようなムーヴメントが興隆すると、とても生き生きとした楽器にみえてきませんか。
アンティークの自動ピアノに関する彼のコメントで、「古いものなんだけど、新しい」という印象はまさに私達が修復に携わる時の感覚に近いものがあります。
弊社ではこの夏、彼の楽器の製作に協力したメーカーの自動演奏楽器を入荷予定です。詳細は追ってこちらでも紹介していきますが、お急ぎの方は弊社までお問い合わせ下さい。
そして、そのパット メセニーが日本でツアーを行います。
6月9日の大阪を皮切りに名古屋、東京で彼の演奏を聴くことができます。
詳しくは
大阪 ブリーゼホール
名古屋 ジェイルハウス
東京 すみだトリフォニーホール
自動演奏楽器のシステムを利用したアルバムはこちらです。

Understanding the Duo-Art

今日は自動演奏ピアノのエオリアン社のデュオアートについて少し詳しく説明します。
リプロデューシングピアノの醍醐味は演奏者の意図する演奏を再現する
こと、と以前から記述していました。
どのようにそのような事が可能であるか、構造の説明と歴史について興
味深い記事がありますので、そちらを紹介致します。

続きを読む

デュオアートロール 続き

先日、デュオアートのロールについて書きましたが、
リカットロールの当工房での在庫分をオンラインショップに掲載しました。
-榎屋Online shop-
リプロデューシングピアの醍醐味はやはり、演奏家の演奏スタイルをも
再現する所ではないでしょうか。
duo-art.jpg
現在、ガーシュウィンの名曲「Rhapsody in Blue」をガーシュウィン自身が
演奏しているロールも掲載しています。
ロールを聴くためにはピアノをお持ちの方限定となりますが、もしかするとリプロデューシングピアノを所蔵している博物館にロールを持ち込んで、演奏をお願いしてみてもよいかもしれませんね。 確認は取ってないので演奏していただけるかどうかはわかりませんが。。。
今度協力していただけるところがあるか、連絡してみます。
次回予告!
ちょっと詳しく、リプロデューシングピアノについて書いてみます。

デュオアートロール

IMGP1611.jpg
エオリアンという会社から販売されていた、リプロデューシングピアノ 用のロールはオリジナルロールが劣化してくると機械にも、ロールにも良くない事が多くなってきます。
榎屋ではリカットロールと言って、新しいロール紙にオリジナルのロー ルと同じ穿孔をしたロールを販売しています。
もうすぐ、ホームページ上に詳しい情報を掲載予定です。
お楽しみに!