漱石とオルゴール

今年は夏目漱石生誕150年の年ですね。
すでに特別展は終わってしまいましたが、弊社でオルゴールのメンテナンスを承っている京都の大山崎山荘博物館では「漱石と京都」という特別展が開催されていました。
全国でも様々な特別展が催されていることだと思います。

漱石の生きた時代は偶然にもオルゴールの黄金時代と重なります。
漱石が初めて英国に留学した1900年はパリで万国博覧会が開催されており、たくさんのオルゴールメーカーが出展していたことも知られています。
人気機種でもあるポリフォン社のアップライト・ディスクオルゴールなどのコイン始動モデルには「Drop a Penny in the Slot」と表記され古いペニーコインをオルゴールの始動に使用します。パブなどに設置されジュークボックスのように音楽を楽しむための装置として使用されていました。

Drop a Penny in the Slot

漱石の作品の中にオルゴールが取り上げられているかは存知あげませんが、漱石の留学中にロンドンのパブでオルゴールを聴いていた可能性はあるのではないかと思います。

インターネット上で漱石とオルゴールの繋がりが記載されている記事を見つけました。
昨年のサライという雑誌のインターネット版に「日めくり漱石」といって夏目漱石にまつわる様々な話を掲載したコーナーがあります。

夏目漱石、寺田寅彦から欧州土産をもらって大いに喜ぶ。【日めくり漱石/6月22日】

今から105 年前の今日、すなわち明治44年(1911)6月22日、44歳の漱石は久しぶりの嬉しい訪問客を迎えていた。ヨーロッパ留学から帰国したばかりの寺田寅彦(てらだ・とらひこ)がやってきていたのである。

2年ぶりの師弟の対面だった。寅彦は、漱石のモミアゲにだいぶ白いものが目立ったきたのを感じていた。

師弟の間で会話がはずむ。寅彦は欧州からも盛んに漱石に手紙を書き送り、漱石も返書をしたためていたが、直接顔を合わせると、改めて話したいことも多いのである。

寅彦は、漱石をはじめとする夏目家のひとりひとりに土産を持参していた。

漱石夫人の鏡子にはブローチ、4人の娘たちには綺麗なリボン、長男の純一にはミュージカルボックス(オルゴール)、そして漱石には金のリンクス(カフスボタン)だった。嬉しい心遣いだった。漱石はこのリンクスをフロックコート用のワイシャツの袖口に付け、生涯、愛用することになる。

お土産のオルゴールですから、大型のディスクオルゴールなどではなく、小型のシリンダーオルゴールだったのではないかと想像しますが、どんなオルゴールだったのでしょう。

漱石とオルゴールなんて一見繋がりのないようなキーワードですが、意外に接点があったのではないかと思いを馳せながら今日も修復作業に勤しんでいます。

ポリフォン style 104

待ち遠しい春の訪れ。

暖かくなって来たと思ったら、また急に寒くなってきました。
でも、各地では春らしいイベントがたくさん開催されるようになってきましたね。
今日は長崎にあるハウステンボスのご紹介です。
春のチューリップ祭と同時期に開催されている、
日蘭通商400周年記念
ハウステンボス美術館・博物館所蔵
ベストセレクション展

2010年2月27日(土)~2010年4月11日
です。
昨年から閉館されていた、オルゴールミュージアムのコレクションをパレスハウステンボス内の美術館にて展示されています。
美術館での展示という事で、今までのオルゴール博物館とはひと味違った雰囲気が楽しめます。
お近くの方はもちろん。佐世保近郊にご旅行を予定されている方、お勧めの展示です。

春の知らせ?

大阪は2、3日前から急に寒くなりました、
全国的にも大雪のニュースを多く耳にします。
皆様、体調等崩されぬようお気をつけ下さい。
さて、新春より京都嵐山オルゴール博物館にて新しい特別展が始まりました。
一口にシンギングバードといっても実は非常にたくさんの種類があります。その中でもアンティークから現代のものを幅広く取り上げておられます。
ジャケドロの作品も公開されていますので、本物の鳥と聞き間違える程のシンギングバードの音色で一足早い春の訪れを感じる事が出来るかもしれませんね。
ara01.jpg
京都嵐山オルゴール博物館

関西のオルゴール博物館

9月も下旬に入り大阪もすっかり朝、晩は寒い位涼しくなりました。
しかし、シルバーウィークというのはいつの間に出来てたんでしょうね。
ゴールデンの秋版だから、シルバーなんでしょうか。そのうちブロンズウィークなんてのも出てくるんでしょうか。
まぁ、そんな事はさておきいつかどこかで紹介しようと思っていたのですが、
関西にあるオルゴール博物館の事を少し、関西以外の博物館も少しづつ取り上げていきたいと思いますが、まずは地元の関西から。
五十音順です。
京都嵐山オルゴール博物館
Arashiyama.png
リュージュオルゴールの創始者一族であるギド・リュージュ氏のコレクションを中心に展示しています。
オルゴールだけで無く、オートマタやオルゴールを内蔵した裁縫箱等様々なジャンルのオルゴールを見る事が出来ます。
特に現代のオートマタ作家フランソワ・ジュノ氏の作品を展示、実演している世界的にも数少ない施設です。現在は15周年の特別企画としてアンティークから現代のピエロエクリバン3体の競演を見る事が出来ます。
財団法人堀江オルゴール博物館
Horie.png
前理事長堀江氏の収集したコレクションを中心に展示されています。
シリンダーオルゴールとディスクオルゴールの数型の施設と比べても圧倒的に多く、コレクターの間でも非常に珍しいとされるオルゴールがたくさんあります。
博物館3Fからの眺めは絶景です。
23日までは特別に常設展示ではない「エオリアン・グランド」を聞く事が出来ます。19日~23日までの期間限定ですのでお見逃し無く。
ホールオブホールズ六甲
Rokkko.png
1度に収容できる人数は関西最大のオルゴール博物館ではないでしょうか。
大きなホールで様々なオルゴールや自動演奏楽器を楽しむ事が出来ます。
六甲山の山中に位置し、近くには高山植物園やガーデンテラスなどがありますので六甲山での1日を過ごすというのも良いアイデアかも知れません。
現在博物館では神戸市在住の方から寄贈されてた蓄音機の新収蔵品のお披露目をされています。弊社で修復を担当させていただいた蓄音機なので、弊社の仕事を見て頂く良い機会でもあります。
上の博物館名と写真は各オルゴール博物館のホームページへリンクしていますので、
詳細はそちらでご確認下さい。
ぜひこの「シルバーウィーク」(^^;)に訪れてみてください。

このニュースがきっかけでした。

先日、各地のオルゴールに関するニュースもこちらでお届けする予定ですとお伝えしていましたが、このニュースを目にしたときに、一地方のニュースとしてではなく、できるだけ多くの方にお届けしなければと思い、各地のニュースというカテゴリーを作りました。
嫌なニュースが多い昨今ですが、素晴らしい活動をされている方がおられるのだなと敬服した事を覚えています。

盲学校にオルゴール贈り続け半世紀

匿名で電話「卒業生は何人?」
 山梨県立盲学校(甲府市下飯田)に匿名の女性が1964年から贈り続けているオルゴールが今年も届き、内松太一校長が10日の卒業式で、卒業生一人一人に手渡した。
 毎年、卒業式が近づくと「今年の卒業生は何人ですか」と女性の声で学校に電話がある。女性は名乗ることはない。今年は、3月初めに木製オルゴール(縦15センチ、横20センチ、高さ10センチ)が10個届いた。
 ふたを開けると、「カノン」か「星に願いを」のメロディーが流れる。「あなたの上に、神のご加護がありますように」と点字メッセージが入っている。
 幼稚部、高等部など12人の卒業生のうち、これまでにオルゴールをもらっていない10人が受け取った。幼稚部を卒業した宮本龍貴ちゃん(6)は「早く聴きたいな」と笑顔を見せていた。
 赤井美知江教頭は「感謝の気持ちでいっぱいです。贈り主は女性としか分かりませんが、詮索(せんさく)しないようにしています」と話した。

読売新聞 2009年3月11日より。
インターネットのニュースサイトは時間が経つと削除されてしまう事が多く、アーカイブとして保存するという意味も含めて、リンクだけではなく引用という形で紹介させていただきました。
オルゴールを通じて、このように素晴らしい活動をされている事を耳にすると、オルゴールに関わる者としても何か出来ることがあるのではないかという思いを致します。