SP盤とオルゴール

Bornad_music

弊社ではアンティークオルゴールを中心に様々な商品を取り扱っています。蓄音機で使用するSP盤もそのひとつで、輸入盤を中心に常時500タイトルくらいは在庫しています。今回はSP盤とオルゴールの意外な繋がりからとても面白いことがわかりましたので興味のある方は是非ご一読ください。

SP盤の在庫整理をしていたところおもしろいSP盤がでてきました。写真のSP盤は実際のオルゴールの演奏を録音したものなのですが、このSP盤のレーベル会社としてクレジットされているBornand Music Box Record Co.という名称が気になったので少し調べてみました。
海外からのオルゴールの仕入れの際、Bornand Collectionというキーワードを聞くことがあります。オルゴールについて記載されている書籍にも良く登場するコレクションですので、オルゴールに携わる方は馴染みのある名前だと思います。私は影響力のあるディーラーくらいの感覚でいたのですが、調べて行くにしたがってアンティークオルゴールの世界ではとても重要な家系であることが解ってきました。Bornandの日本語表記については様々な読み方があると思いますがここではボルナンとさせて頂きます。

************
ボルナン・コレクションについて

1860年頃オルゴール発祥の地としても有名なスイス、サンクロアにて時計及びオルゴールの職人として活躍していたアドリアン・ボルナンがいた。その甥であるジョセフ・ボルナンが1883年にパイヤール氏などと共に米国に移民する事となる。ジョセフは既にスイスでオルゴール職人として活動していたため米国に移民した際にボルナン・インコーポレイテッドというオルゴールの製作を行う会社をマンハッタンから北東に位置するペルハムに設立する。ジョセフはオルゴールの機能の向上に多大な影響を与え、交換式シリンダーオルゴールの機能に関する特許等も取得している。

ジョセフには3人の子供がいたが、第2子であるアドリアン(叔父と同じ読み)がオルゴールの職人としてジョセフの後を継ぎ、同じペルハムにボルナン・ミュージック・ボックス・カンパニーを設立する。既にオルゴールの黄金期は終わっていたが、腕の良い修復家として既に流通していたオルゴールの修理を中心に活動した。1949年(1951年とも言われている)のアドリアンの死後、彼の妻であったルースが会社を引き継ぎオルゴールを録音したレコードレーベルの設立、スイスから小型オルゴールの輸入、オリジナルグッズの販売など、1970年代にはカリフォルニアに支社を持つ程に成長した。
また、アドリアン/ルース夫妻は現在でも活動の続く国際オルゴール協会の設立メンバーでもあった。

オルゴール関連書籍には必ず名前が掲載されているといっても良いボルナン・コレクションであるがアドリアン/ルース夫妻によって集められた様々なオルゴールは貴重な資料としても有名なコレクションである。

Adrian Bornand : 活動期1860年頃
Joseph Bornand:1873-1940
Adrien Bornand:1902-1949(1951)
Ruth Bornand:1901-2000

参考資料:
Encyclopedia of Automatic Musical Instruments, David Bowers
History of the Musical Box and of Mechanical Music, Alfred Chapuis
The Musical Box Handbook: Vol 1: Cylinder Boxes, Graham Webb
The Musical Box: A Guide for Collectors, Arthur W. J. G. Ord-Hume

************

現在でもオルゴールを録音したCDなどが多く販売されていますが、SP盤の時代にもこのようなものが存在したことは、いつの世も手軽にオルゴールの音楽を手軽に楽しみたいと考える人がいたのだなと思うと、とても興味深いですね。

SP盤 入荷速報

Classical
コルトー、ティボー、カザルス トリオ 2枚組
ジャック・ティボー
エリー・ナイ 2枚組
リリー・クラウス&サイモンゴールドバーグ 7枚組
ラフマニノフ&クライスラー 2枚組
アルトゥル・シュナーベル 4枚組(オリジナルアルバム付き)
アルトゥル・ルービンシュタイン 2枚組(オリジナルアルバム付き)

Big Band and Jazz
エラ・フィッツジェラルド
サラ・ボーン
カウント・ベイシー・オーケストラ
キング・コール・トリオ
デュークエリントン・オーケストラ
ベニー・グッドマン・オーケストラ
ニューオリンズ・リズム・キングス

タイトル、価格や詳細な情報は追って紹介致しますが、
店頭でも販売しているため早い者勝ちです。
気になるアーティストが見つかった方はお気軽にお問い合わせ下さい。

株式会社榎屋
TEL 072-727-7791

今年も1年ありがとうございました。

2012nenga440.jpg
震災や大雨の影響もまだまだ多く残り、自然の怖さを改めて感じさせられる1年でした。
そんな中でも今年はたくさんの新しい出会いがあり、お客様に支えられた1年でもありました。
来年こそは皆様にとっても良い年になりますように、弊社も頑張ってまいります。
今年も残り3日となりましたが、良いお年をお迎え下さい。
株式会社榎屋 一同

1ヶ月が過ぎました。

東日本大震災で被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。
余震が続き、原発の状態もまだまだ予断を許さない状況ですが
復興に向けて一刻も早く現在の状況が収まる事を祈っています。
現在は生活を立て直す事が最優先でしょうから、オルゴールや自動演奏楽器をお持ちの皆様もそれどころではないかもしれません。時間が経ち、もう少し状況が落ち着いて来たときに今回の地震で被災して調子が悪くなった楽器がありましたら、お気軽に弊社までご連絡下さい。
各地でお祭りなどが自粛されていますが、元気なところは元気に日本経済を支えて行きたいと思います。
今年の始め頃、東京での国際宝飾展でご好評をいただいた、ドイツのシンフォニオン社の商品の取扱を本格的に再開致しました。
シンフォニオン社は昨年から残念ながらディスクオルゴールの生産をストップしてしまいましたが、シンギングバードやホイッスラーなどはまだまだ生産を続けています。
シンフォニオン社のシンギングバードの工房が昨年NHKの「世界の工芸品」でも取り上げられたので、テレビで見たという、お言葉を宝飾展でもたくさん頂きました。
現在では伝統的な工法でシンギングバードを製作しているのは世界でもスイスのリュージュ社とドイツのシンフォニオン社の2社だけとなってしまいました。リュージュ社の製品は伝統的な工法に最新のデザインを取り入れたものも多いですが、シンフォニオン社の製品はドイツを発祥とするグリースバームを基礎として、その技術を現代に継承しようと、ドイツ、リューデシュハイムで製作されています。デザインも昔のままの製品が多く残されています。
詳細を弊社ホームページで紹介する予定ですので、ページが完成次第こちらに紹介致します。
singingbird_on.jpg
 

ヴィテージ オルゴール Sale

最近は鉄道関係の情報ばかりが続きましたが、久々に普通のオルゴールの情報を。。
といっても、技術情報ではなくセールのお知らせです。
店舗では10月の終わりから初めているのですが、なかなかウェブでのお知らせができてなかったので、
簡単ですが、まずは告知をさせて頂きます。
10月20日から12月29日まで
ヴィンテージオルゴールのセールを開催しています。
ヴィンテージオルゴールとは何かと申しますと、
簡単に言えば製造期間がアンティークと現代物の中間にあるものたちです。
弊社では通常アンティークオルゴールを中心に販売していますが、今回はアンティークと呼ぶには少し年代が浅い、
でも、現代物と呼ぶには少し前の物というものを多く取り揃えました。
クエンデやトーレンスなど現在ではメーカー自体が消滅してしまったものや、リュージュでも現行の商品カタログには掲載されていないものを中心に集めています。
商品の詳細は追ってこのページや特設ページにてご案内致します。
お急ぎの方はメール又は電話にてご連絡ください。
株式会社榎屋
TEL 072-727-7791
IMGP2916.jpg

「鉄道の日」記念イベント

明日10月14日は鉄道の日ということで10月の週末は各地で鉄道関連イベントが催されていますね。
そこで、弊社でも鉄メロシリーズをご購入頂いた方全てに、特製携帯ストラップをプレゼント致します。
明日10月14日の午前0時より特急はまかぜのキハ181系が引退する11月6日の午後12時59分まで、弊社ウェブショップにて鉄メロシリーズをご購入頂いた方に限らせていただきます。
そして、もう一つ!
鉄道の日記念というわけではありませんが、鉄道唱歌の手回しオルゴールも鉄メロシリーズに仲間入りです!
こちらはオリジナルの23弁ではなく、手軽に楽しんでいただけるように18弁の手回しオルゴールになっていますので、若干物足りない!という意見もございますが、十分、鉄道唱歌の雰囲気を楽しんでいただけるものになっています。以下リンクより試聴もできますのでぜひ聞いてみてください。
最近「鉄分」が濃くなって来てる気がします。。
鉄メロ2.jpg

オルゴールをつくろう2010!

昨年ここで、自分で作るオルゴールケースを紹介させていただきましたが、今年の夏休みが始まってから大変好評いただいております。
その他にも自分で作るオルゴールのシリーズが増えていますので、こちらで紹介します。
*************************
木製 オルゴールボックス キット -オルゴール付き-
ca4da9c97b-1.jpg
beb9713474.jpg
接着剤を使わず、クサビ型の部品を使用して組み上げていきます。
無塗装の状態ですので、水性ペンや様々な着色料で絵を描いたり、塗装していただく事が可能です。
*************************
シリンダー交換式 手回しオルゴール自作キット
IMGP6079.jpg
IMGP6085.jpg
シリンダーが交換できる手回しオルゴールのキットです。
ケースに取り付ける為のネジ穴の加工がベースに施されていますので、ご自分で作ったケースに取り付けることができます。
櫛歯のセッティングが容易にできるように、設計されていますので低学年のお子様でも簡単に組み立てることができます。
ケースの違いで、音がどれだけ変わるか実験できます。
*************************
DIY手回しオルゴール-ガラスケース-
70726f647563742f653662653230623237342e6a70670033303000.jpg
cb2f77380b.jpg
こちらも手回しオルゴールのムーブメントを組み立てるキットです。
シンプルなガラスケースもキットに入っています。
今回ご紹介する中では一番組み立て難易度の高いキットです。
*************************
どのキットもオルゴールの仕組みを知るには、とても良いキットです。夏休みの自由研究がまだ決まっていない、子供達に是非お薦めです。
もちろん、オルゴールの仕組みを知りたい全ての人にも満足していただけると思います。
こちらから購入頂けます。
榎屋ウェブショップ

あけましておめでとうございます。

2010newyear.jpg
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
今年はアンティークの修復・販売はもちろんの事、ギフトオルゴールの新商品の開発も予定しています。
春頃にはお知らせできると思いますので、新商品共々よろしくお願い致します。

オルゴールの箱自作してみませんか。

といっても、キットを組むだけなのですが、
プリカット済みの板からパーツを抜き出して、
「クサビ」を使って組み込んでゆきます。
kit_wm.jpg
割と簡単に組み上げる事が出来ますので、子供さんでも作ることが出来ます。
キットは無塗装の板なので、簡単に組むだけでも良いのですが、塗装を施して綺麗に仕上げようと思うと、大人でも十分楽しむ事が出来ます。
オルゴールは三協精機の18弁オルゴールの3曲から選んでいただく事もできますし、ボックスキットのみの販売もしています。
ウェブショップの撮影用に無塗装で一度組み上げた後、全部分解してオイルステインで着色して、中塗りを施し、仕上げ塗装を施している途中なのですが、なかなか面白いです。
小物入れもついてますので、夏休みの工作とまでは行かないかもしれませんが、想い出づくりに親子で楽しんでみてはいかがでしょうか。
ウェブショップからも購入頂けますが、直接ご来店して購入もしていただけます。お近くの方は是非、塗装済みのサンプルも見にいらしてください。
榎屋ウェブショップ
DIYBOX_WM.jpg