シンフォニオン社の歴史

暑い! とこんなところで叫んでも涼しくはならないのですが、
大阪はこれでもかというくらい、暑い!です。
皆様はいかがお過ごしでしょうか。夏バテしないように気をつけてくださいね。
さてさて、今日は久しぶりにオルゴールのメーカーの歴史の話しです。
今回もEncyclopedia of Automatic Musical Instrumentsからの抜粋記事ですが、
なんでそんなところを抜粋するの?と言われそうな記事の抜粋です。
symphonion.jpg
シンフォニオンと言えばポリフォン、レジナと並び3大ディスクオルゴール
メーカーとしても有名です。よくご存知の皆様はパウル・ロッホマンという
人によって設立された会社である。なんて事がよく知られていますが、
実はもう一人シンフォニオン社に関係する重要人物が存在しました。
エリス・パーというイギリスで活動していた人でした。
今回のお話はそのパー氏のインタビュー記事です。
文中で斜体になっている部分がパー氏の発言です。
では、どうぞ(続きを読むをクリックしてください)

続きを読む

販売もやってます。

ご存知の方も多いかと思いますが、榎屋ではアンティークオルゴールを中心に
リプロデューシングピアノ、ニケロディオン、ミルズヴィオラノ等の
自動演奏楽器。 そして最近では蓄音機の販売にも力を入れています。
楽器の状態が良いのは大前提なのですが、やはりソフトがそろってない事には
意味が無いですよね。
自動演奏楽器のロールやブックと呼ばれる物は機械の種類がとても種類が多く、
全ての機種のソフトを常に在庫するわけにはいきませんが、出来るだけ多くのソフトを入手できるように、海外のソフトメーカーさんと密に連絡を取るようにしています。
ソフトの種類の情報だけでも膨大な数になりますので、なかなかホームページ
に掲載する事ができませんが、今のところオルゴール用のディスクだけは
ある程度まとまったリストを掲載しています。
下の写真がディスクリストへのリンクです。
recut_disc.png
そして、今日の本題がこちら、
販売もやってますとは言いながら、ホームページ上で実際に購入していただける商品を見ていただけるページが今まではありませんでした。
榎屋のトップページからのリンクでお気づきの方もおられるかと思いますが、
こちらも、ボチボチではありますが、商品の詳細を掲載したページを作っています。普段は見れないオルゴールや楽器の裏側の写真もたくさん掲載していきますので、購入をお考えの方も、そうでない方も資料としてご利用頂けるのではないでしょうか。
300-inventory.jpg
こちらに掲載している楽器達は基本的に当工房ショールームにて試聴していただける物ばかりです。
試聴してみたいオルゴールや自動演奏楽器を見つけられた方はぜひ一度、遊びにきてください。ホームページに掲載していない商品もまだまだあります。

ステラ 15インチディスク

以前本ブログのコメントにMiraの12″又はStellaの15 1/2″のリカットディスクを取り扱っていないかと、お問い合わせいただいたのですが、残念ながら現在のところリカットディスクとしての取り扱いはしておりません。
でも、アンティーク又は中古のリカットディスクで
ステラの15インチのディスクが若干ではありますが、
入手可能です。
以下のリストは弊社で在庫しているディスクでは無く、海外のディーラー
からの情報ですので在庫状況など変更がある可能性があります。
興味のある方はメール又はお電話にてお問い合わせ下さい。
在庫状況、納期、及び価格をお調べ致します。
STELLA 15″ 4170   ANNIE LAURIE
STELLA 15  ?     JUST IN……..
STELLA 15″ 4328   NARCISSUS
STELLA 15″ 873   SLY MUSETTE – THE MOCKING BIRD
STELLA 15″ ?     SONG FROM FLORODORA(?) – “I WANT…..”
STELLA 15″ 4631   THE BLUE AND THE GRAY
STELLA 15″ ?     UNDER FIRE MARCH
ステラの15インチには 1/2インチと1/4インチという表記があり
上記のリストでは15インチとしかわかっていません。
このあたりは、わりとアバウトな管理をしている人が多く
困ってしまいます。通常は同じ物をさしている事が多いのですが、
ご購入をお考えの方は正確なサイズを採寸してから、受注致しますので
ご安心下さい。