漱石とオルゴール

今年は夏目漱石生誕150年の年ですね。
すでに特別展は終わってしまいましたが、弊社でオルゴールのメンテナンスを承っている京都の大山崎山荘博物館では「漱石と京都」という特別展が開催されていました。
全国でも様々な特別展が催されていることだと思います。

漱石の生きた時代は偶然にもオルゴールの黄金時代と重なります。
漱石が初めて英国に留学した1900年はパリで万国博覧会が開催されており、たくさんのオルゴールメーカーが出展していたことも知られています。
人気機種でもあるポリフォン社のアップライト・ディスクオルゴールなどのコイン始動モデルには「Drop a Penny in the Slot」と表記され古いペニーコインをオルゴールの始動に使用します。パブなどに設置されジュークボックスのように音楽を楽しむための装置として使用されていました。

Drop a Penny in the Slot

漱石の作品の中にオルゴールが取り上げられているかは存知あげませんが、漱石の留学中にロンドンのパブでオルゴールを聴いていた可能性はあるのではないかと思います。

インターネット上で漱石とオルゴールの繋がりが記載されている記事を見つけました。
昨年のサライという雑誌のインターネット版に「日めくり漱石」といって夏目漱石にまつわる様々な話を掲載したコーナーがあります。

夏目漱石、寺田寅彦から欧州土産をもらって大いに喜ぶ。【日めくり漱石/6月22日】

今から105 年前の今日、すなわち明治44年(1911)6月22日、44歳の漱石は久しぶりの嬉しい訪問客を迎えていた。ヨーロッパ留学から帰国したばかりの寺田寅彦(てらだ・とらひこ)がやってきていたのである。

2年ぶりの師弟の対面だった。寅彦は、漱石のモミアゲにだいぶ白いものが目立ったきたのを感じていた。

師弟の間で会話がはずむ。寅彦は欧州からも盛んに漱石に手紙を書き送り、漱石も返書をしたためていたが、直接顔を合わせると、改めて話したいことも多いのである。

寅彦は、漱石をはじめとする夏目家のひとりひとりに土産を持参していた。

漱石夫人の鏡子にはブローチ、4人の娘たちには綺麗なリボン、長男の純一にはミュージカルボックス(オルゴール)、そして漱石には金のリンクス(カフスボタン)だった。嬉しい心遣いだった。漱石はこのリンクスをフロックコート用のワイシャツの袖口に付け、生涯、愛用することになる。

お土産のオルゴールですから、大型のディスクオルゴールなどではなく、小型のシリンダーオルゴールだったのではないかと想像しますが、どんなオルゴールだったのでしょう。

漱石とオルゴールなんて一見繋がりのないようなキーワードですが、意外に接点があったのではないかと思いを馳せながら今日も修復作業に勤しんでいます。

ポリフォン style 104

コメントを残す