Tag: インサイドホーン

Victrola Credenza
| Category:

どんな言葉を使ってもビクトローラ・クレデンザの素晴らしさを表現するのは難しい。 これまでどれほど多くの賛辞がこの蓄音機に贈られたことだろう。 傑作機、最高峰、耽美な音色、そして希代の名機等々。どれもこれもそのとおりであるのだけれど、それだけではこの名機を表現するのにはまだ足りない。

試作回数は100回に及び,キャビネットに折りたたんで収納されたホーンの長さは1.8m。当時の様々な工夫が詰め込まれたこの蓄音機は、その音色、音質、音量、どれをとっても文句のつけようがなく、リスナーに驚愕さえ与えてしまうのである。クレデンザに言葉は不要だ。 針を落とせばクレデンザが語ってくれるのだから。 ...