漱石とオルゴール

今年は夏目漱石生誕150年の年ですね。
すでに特別展は終わってしまいましたが、弊社でオルゴールのメンテナンスを承っている京都の大山崎山荘博物館では「漱石と京都」という特別展が開催されていました。
全国でも様々な特別展が催されていることだと思います。

漱石の生きた時代は偶然にもオルゴールの黄金時代と重なります。
漱石が初めて英国に留学した1900年はパリで万国博覧会が開催されており、たくさんのオルゴールメーカーが出展していたことも知られています。
人気機種でもあるポリフォン社のアップライト・ディスクオルゴールなどのコイン始動モデルには「Drop a Penny in the Slot」と表記され古いペニーコインをオルゴールの始動に使用します。パブなどに設置されジュークボックスのように音楽を楽しむための装置として使用されていました。

Drop a Penny in the Slot

漱石の作品の中にオルゴールが取り上げられているかは存知あげませんが、漱石の留学中にロンドンのパブでオルゴールを聴いていた可能性はあるのではないかと思います。

インターネット上で漱石とオルゴールの繋がりが記載されている記事を見つけました。
昨年のサライという雑誌のインターネット版に「日めくり漱石」といって夏目漱石にまつわる様々な話を掲載したコーナーがあります。

夏目漱石、寺田寅彦から欧州土産をもらって大いに喜ぶ。【日めくり漱石/6月22日】

今から105 年前の今日、すなわち明治44年(1911)6月22日、44歳の漱石は久しぶりの嬉しい訪問客を迎えていた。ヨーロッパ留学から帰国したばかりの寺田寅彦(てらだ・とらひこ)がやってきていたのである。

2年ぶりの師弟の対面だった。寅彦は、漱石のモミアゲにだいぶ白いものが目立ったきたのを感じていた。

師弟の間で会話がはずむ。寅彦は欧州からも盛んに漱石に手紙を書き送り、漱石も返書をしたためていたが、直接顔を合わせると、改めて話したいことも多いのである。

寅彦は、漱石をはじめとする夏目家のひとりひとりに土産を持参していた。

漱石夫人の鏡子にはブローチ、4人の娘たちには綺麗なリボン、長男の純一にはミュージカルボックス(オルゴール)、そして漱石には金のリンクス(カフスボタン)だった。嬉しい心遣いだった。漱石はこのリンクスをフロックコート用のワイシャツの袖口に付け、生涯、愛用することになる。

お土産のオルゴールですから、大型のディスクオルゴールなどではなく、小型のシリンダーオルゴールだったのではないかと想像しますが、どんなオルゴールだったのでしょう。

漱石とオルゴールなんて一見繋がりのないようなキーワードですが、意外に接点があったのではないかと思いを馳せながら今日も修復作業に勤しんでいます。

ポリフォン style 104

レジナ社の歴史

米国の”Regina”社の歴史に関しての記載が1968年初版で現在では絶版の”The Musical Box Handbook”という本にあります。著者が米国の方のためかなり米国寄りの主観がかなり入っていますが、簡潔にレジナ社の歴史を表現されていますので、こちらでご案内させて頂きます。
日本では「レジナ」、又は「レジーナ」と表記される事が多いですが、弊社では「レジナ」と呼ぶ事が多いので文中でも「レジナ」を使用しています。

regina
**************

Graham WEBB
The Musical Box Handbook -Disc Box-
Vestal Press
pp.31~36

米国内だけでなく多くの国のオルゴールコレクターが、レジナ社のオルゴールの音色がもっとも良いと考えているのは間違いありません。その音色と共にシンプルなデザインを持つケース、さらにどんなコレクターもが持つ喜びを味わえるものであったため、近代の家に容易に溶け込んだのです。秀逸な音色はレジナ社によって完成され、ケース全体を響体とするデザインであった。シンプルなデザインは実際のところ、ヨーロッパの機種に多く採用されていたドイツ風の彫刻を施せる職人が少なかったためと思われる。また、当時の「アート&クラフト」運動によってポピュラーになりつつあった「線の優雅さ」を市場が求めていた事も影響しているであろう。どんな理由にせよ、現在でも心地よいデザインである事にかわりない。

レジナ社の歴史は1892年に、ポリフォンの共同創始者であるグスタフ・ブラッハウゼンが5人の職人と渡米したことから始まる。彼はニュージャージーのジャージー・シティに落ち着きレジナ・ミュージック・ボックス・カンパニーを設立する。ブラッハウゼンは当時、3つの有名なディスク・オルゴール会社に於て重要な人物となる。シンフォニオンではパウル・ロッホマンの監督役をつとめ、ポリフォンの共同創始者であり、そして米国で初のディスク・オルゴールを生産を行うレジナである。渡米した後1年ほど、ブラッハウゼンはポリフォンの「相棒」で共同特許権所有者でもある、パウル・リスナーのために米国における特許出願に時間を費やした。1894年の春にレジナ社は3人の株主(ブラッハウゼン、リスナー、そして後援者でもあるジョナス・J・コーナー)によって法人化された。その後急速にレジナ社は名声への階段を登り詰めた。

創業当初レジナ社はライプチッヒにあるポリフォン社からパーツ及びディスクを輸入しジャージー・シティの工場で組み立てる形をとっていた。しかし、時が経つにつれ徐々に機械のほとんどを米国で生産することになる。初期にポリフォン社からパーツやディスクを仕入れていたことが、15-1/2㌅(39.4cm)までのサイズのディスクは両社の機械で演奏することが出来るといったように機械的にも影響を与えた。共通ディスクが15-1/2㌅なのは大型のコイン・オペレーション仕様の機械は1895年以降に生産が始まったためという説が有力である。15-1/2㌅以下のディスクは両社の機械で使えるという事実にも例外はある。しかしそれは単に同様の機械を作っていなかったということに過ぎない。例えば11-1/4㌅(28.6cm)ポリフォンベル付きである。ちなみにこの機械のディスクは通常のベル無しの11-1/4㌅ポリフォンに於ても演奏出来ない。レジナ社は20-3/4㌅(52.7cm)と27㌅(68.6cm)のディスクを大型のアップライト型の機械に採用した。両サイズとも「2枚蓋」タイプの豪華なデザインの卓上モデルも存在するが、基本的にケースはシンプルなデザインのものが中心である。一般販売用や特別注文にも対応し様々な種類があった。

レジナ社は年々成長を続け、生産が最高潮であった時期には年商200万ドルに及ぶ年もあった。しかしそれも長くは続かず、新世紀の始まった1年目、全米に及ぶ不景気の後、1903年にはビクター・トーキング・マシン・カンパニーを始めとした大規模なグラモフォンの販売戦略により大打撃を受けた。レジナ社は1919年までオルゴールの生産を続けたが、1903年当時の後退から復興することはなかった。多くの製品の多様化が続けられ、まず1902年には手動の掃除機が開発される。1903年にはポリフォンからディスク・オーケストリオンの輸入を行い、そのディスクは32㌅にも及び両社が製造したディスクのなかで最大のものであった。このオーケストリオンはピアノ、チューブ・ベル、ドラム、そしてトライアングルを同時に演奏可能であった。これはオートチェンジャーであったため比較的良い販売成績であったと言われている。そしてもう一つのレジナ社の新商品はレジナフォンといい、悲しいかなグラモフォンとディスクオルゴールのコンビネーションであった。この奇妙な機械には様々なモデルが存在する。ポリフォンも同様のタイプの機械を生産していた。更に自動演奏の分野での挑戦は続き様々な自動演奏ピアノが開発された。その後レジナ社が生産していたか定かではないが、印刷機の販売も行なっていた。そして1922年ついにレジナ社は倒産に追い込まれたのである。1919年に最後のディスクオルゴールを生産完了し10万台以上をこの世に送りだした。現存しない会社ではあるが、そのように大量のオルゴールを生産した会社は世界にも類を見ないというのが、レジナ社の名声を築いた一因であったことは間違いない。

********************

いかがでしたか。
ヨーロッパのオルゴールで主流であったゴシック調の彫刻が出来る職人が多くいなかったという事は認めつつも、レジナ社が素晴らしい会社であったと褒めちぎってますね。
15 1/2″までのディスクオルゴールがポリフォン社のものと共通規格である事は不思議に思っておられる方も多いと思いますが、このような理由だったんですね。実はレジナというブランドは今でも残っていて米国のホームセンターではたまにレジナ・ブランドの掃除機を見かけることがあります。

自動演奏楽器の百科事典
全て英語ですが非常に参考になる文献です。

続、 リカットディスク リスト更新中

先日、お伝えさせていただいたとおり、ボチボチではありますが、アンティークのディスクオルゴールで使用するリカットディスクのリストを順次更新しています。

アドラーからアルファベット順に更新作業を進めて、ようやくロッホマン62.0cmまで更新作業が終わりました。
多くのディスクサイズを擁するシンフォニオンがまだ未更新なので総数の半分に満たないかもしれません。

ディスクリストが見れないとお問い合わせいただく事も多く、見ていただいている方が以外と(失礼!)多いんだなと、モチベーションを上げて更新作業を続けています。

ご連絡頂いた機種を優先的に掲載を早めることもできますので、ご遠慮なくお申し付け下さい。

または、弊社で取り扱っているリカットディスクの全リストを1ページに表示するリンクも設けましたので、
そちらからお探しのディスクを抽出していただく事も可能です。

全リスト

この全リストには、ちょっとした副産物とも言えるうれしいポイントがありまして、
特定の曲、例えば「埴生の宿」がどの機種で入手可能かな?であるとか、
「サリバン」(申し訳ございませんが、作曲家はアルファベットのみの表記ですのでSullivanと入力してください)の作曲した曲はどの機種で入手可能かな?など
非常にマニアックな抽出リストを見ることができます。

どのくらいの方に需要があるかわかりませんが、是非試してみてください。

全リストの閲覧に関する注意
テキストデータではありますが、4000曲以上のデータを読み込みますので、5年以上前のパソコン又はブラウザのバージョンが古い場合は表示に時間がかかる、または表示できない可能性もあります。パソコンが壊れる事はありません!

カリオペ社の歴史

今年は桜の開花が早くなりそうというニュースをいろんなところで聞きましたが、寒い日が続いたせいか、まだ大阪では満開まではもう少しと言った感じです。
皆様のところではいかがでしょうか。
今日は久しぶりに自動演奏楽器の百科事典からの抜粋で、ドイツのカリオペ社を紹介します。

********************************
カリオペ・ミュージックワーク社”Kalliope Musikwerke”は、1890年代から1900年代初頭にかけて数多くのディスクミュージックボックスを製造してきた。そのほとんどが”Kalliope”という名前で販売されていたが”Calliope”という綴りでも販売されてきたという。
カリオペ社のオルゴールは、調性のとれた音で有名な上、小さな型のものでも音の粗さはなくその共鳴の素晴しさは有名である。小さな型のほとんどが中心の軸をゼンマイの巻軸としても使用している。
ベルは数あるオプションの中でもポピュラーであった、テーブルトップモデルにも装備されていた程である。3タイプのベル(ソーサー・ベル、棒状のベル、チューブタイプの3種)が用意されていたが多くの機種は、ソーサーベルが装備を装備している。
カリオペ社は、その後さまざまな会社に分割、買収されるが、そのほとんどは、ギャンブル用の機械や、ショーウィンドウ用の展示物を制作する会社であった。カリオペ社の名前で後世に残る商品というのは、数種類の『パノラマ』である。この箱は競争馬のジオラマを表現していた。
1919年カリオペ社は、ヘンリー・ランフェルダー氏”Henry Lanfelder” 率いるメンツェンハウアー&シュミット社 (ギタロフォンのメーカー)“Menzenhauer & Schmidt”に吸収される。メンツェンハウアー&シュミット社はベルリンに本社を置き、1920年代にカリオペのフォノグラフは、この会社によって販売することになり、その間カリオフォン “Kalliophon”というオルゴールとフォノグラフを掛け合わせたものも生産された。
Encyclopedia of Automatic Musical Instruments P.108

*******************************
小型でも音量、質ともに安定感のあるカリオペ社ですが、文中の後世に残る作品として認識さているものが『パノラマ』シリーズであるというのは、かなり著者の個人的な嗜好が影響しているのかもしれません。個人的には小型のベル付きも「小粒でピリリ」としていて、すごく良い機械だと思うのですが、皆様はどう思われますか。

リカットディスク -SALE-

以前、ディスクオルゴール用のディスク盤についてのお得な情報をご紹介するとお伝えしていましたが、本日はその件についてのご案内です。
本日より2009年4月31日までの約2ヶ月間限定ですが、弊社で取り扱っているリカットディスクを表示価格の2割引で販売致します。

リカットディスクとはアンティークオルゴール等で演奏可能な新品のディスクです。これらのディスクは受注生産品となりますので、納期は6週間から8週間かかります。アンティークのディスク盤は錆が多いものや突起がつぶれていると、折れた突起がガントリーと呼ばれるスターホイールを挟み込んでいる部品の中に入り込み、トラブルを引き起こしたりする事があります。お気に入りの曲がリストの中から見つかれば是非この機会にご購入の検討をお勧めします。
どのサイズのディスクを選べば良いかわからないという方も、お気軽にご相談下さい。お電話だけではディスクの特定が難しい事も多いですが、可能な限りディスク同定のお手伝いをさせていただきます。

メルモフレールの復活

インターネットで調べものをしていたら、興味深い記事を見つけました。
どうも、メルモフレールが復活しているようです。
1816年に設立された会社である事は以前にもお話ししましたが、
オルゴールの衰退とともにその後の活動はあまり耳にしませんでしたが、
2007年頃からバーゼルの展示会に時計を出品していたようです。
あまり日本では話題になっていなかったような気がするのですが、
私が知らなかっただけかもしれません。
復活と言っても正確には現在でもスイスでオルゴールを作り続けている
リュージュ社が運営しているようです。
で、何を作っているかと公式ホームページ見てみると
超高級時計を製作しているようです。
しかもオルゴール入りです。
オルゴールに関わるものとしてはこのような復活はワクワクします。
Primo 4 -プリモ4-
という名称で販売を始めた事が公式ホームページでも案内されています。
時計についての詳細は
全体
直径 45.5mm
577コンポーネント
34石
18カラットのイエロー、ピンク、ホワイトゴールドの3種類
時計部
手巻き
パワーリザーブ 40時間
28,800vph
17石
注目のオルゴール部!
手巻き
17石
ディスクオルゴール 4曲入り
10弁
「魔笛」 モーツァルト
「カノン」 パッハベル
「ハンガリアンダンス」 ブラームス
「四季」 ビバルディ
ディスクの直径についての明記はありませんでしたが、15mm位と思われます。
1曲あたりの演奏時間は10秒で、曲はカスタムしてもらう事も可能と書かれています。
遊星ギアの様に4つのディスクが文字盤の下でクルクル回り演奏する曲を選ぶ事ができるようです。この辺りのギミックも良く出来ているなぁと感心してしまいます。
ちょっと、欲しい。。。
正確にはメルモフレールが復活したとは、言えない部分もありそうですが、
サンクロアでメルモフレールで時計ですから、良しとしましょう。(大きなお世話ですね。)
日本ではリュージュ販売株式会社さんが取扱をされるそうです。
公式ホームページもあります。

メルモ・フレール

すごくシンプルなホームページで
グレーの文字の
WELCOME
をクリックするとメルモフレールの歴史に始まり、
今回のPRIMO 4が写真たっぷりで説明されているPDFファイルがダウンロードされます。
PRESS RELEASE
をクリックするとPRIMO 4のプレスリリースのPDFのダウンロードが始まります。
MOVIE
PRIMO 4のイメージビデオが見れます。
WELCOMEでダウンロードできる資料の中には昔のメルモフレールの工場の写真があったりしますので、オルゴールファンも必見です。
サンクロアにはたくさんの世界的に著名なメーカーがあったので、このような
復活のニュースは見ていても楽しくなります。
直系ではないにしてもメルモフレールの時計なんてとても夢が詰まってます。
ちょっと衝動買いできる値段ではありませんが。。。。
また、このようなニュースがあればこちらでご紹介します。
次回はディスクオルゴール用のディスクについてのお得な情報と言っていたのに、別な意味でのディスクオルゴールの情報になってしまいました。

リュージュ 28.0cm ディスク

オルゴール用ディスクの販売ページのリュージュ28.0cm(11″)ディスクの取扱曲目の最新情報です。
販売終了
きよしこの夜 F.グルーバー 143
美しく青きドナウ J.シュトラウス 1053
アヴェ マリア Ch.グノー 1054
アニー J.デンバー 754
新たに追加された曲
いざ歌え喜びの日の歌  142
ドン・ジョバンニ W.A. モーツァルト 188
芸術家の生涯 J. シュトラウス 326
サンタルチア A. ロンゴ 512
ユーモレスク A. ドヴォルザーク 851
こちらのディスクは以前このブログでも紹介させて頂きましたように日本ビクター社のディスクオルゴールでも演奏可能です。
スイスのリュージュ社ではこのサイズのディスクの生産が終わっています。
在庫分のみの販売となりますのでお気に入りの曲が見つかった方は
お早めにご注文下さい。

シンフォニオン社の歴史

暑い! とこんなところで叫んでも涼しくはならないのですが、
大阪はこれでもかというくらい、暑い!です。
皆様はいかがお過ごしでしょうか。夏バテしないように気をつけてくださいね。
さてさて、今日は久しぶりにオルゴールのメーカーの歴史の話しです。
今回もEncyclopedia of Automatic Musical Instrumentsからの抜粋記事ですが、
なんでそんなところを抜粋するの?と言われそうな記事の抜粋です。

シンフォニオンと言えばポリフォン、レジナと並び3大ディスクオルゴール
メーカーとしても有名です。よくご存知の皆様はパウル・ロッホマンという
人によって設立された会社である。なんて事がよく知られていますが、
実はもう一人シンフォニオン社に関係する重要人物が存在しました。
エリス・パーというイギリスで活動していた人でした。
今回のお話はそのパー氏のインタビュー記事です。
文中で斜体になっている部分がパー氏の発言です。
では、どうぞ(続きを読むをクリックしてください)

続きを読む

ステラ 15インチディスク

以前本ブログのコメントにMiraの12″又はStellaの15 1/2″のリカットディスクを取り扱っていないかと、お問い合わせいただいたのですが、残念ながら現在のところリカットディスクとしての取り扱いはしておりません。
でも、アンティーク又は中古のリカットディスクで
ステラの15インチのディスクが若干ではありますが、
入手可能です。
以下のリストは弊社で在庫しているディスクでは無く、海外のディーラー
からの情報ですので在庫状況など変更がある可能性があります。
興味のある方はメール又はお電話にてお問い合わせ下さい。
在庫状況、納期、及び価格をお調べ致します。
STELLA 15″ 4170   ANNIE LAURIE
STELLA 15  ?     JUST IN……..
STELLA 15″ 4328   NARCISSUS
STELLA 15″ 873   SLY MUSETTE – THE MOCKING BIRD
STELLA 15″ ?     SONG FROM FLORODORA(?) – “I WANT…..”
STELLA 15″ 4631   THE BLUE AND THE GRAY
STELLA 15″ ?     UNDER FIRE MARCH
ステラの15インチには 1/2インチと1/4インチという表記があり
上記のリストでは15インチとしかわかっていません。
このあたりは、わりとアバウトな管理をしている人が多く
困ってしまいます。通常は同じ物をさしている事が多いのですが、
ご購入をお考えの方は正確なサイズを採寸してから、受注致しますので
ご安心下さい。

日本ビクター社製オルゴール

職人(アルチザン)は、ときとして
芸術家(アーティスト)をこえる。
と、すごいキャッチコピーで始まりましたが、
これは日本ビクターから発売されていた
オルゴールのキャッチコピーです。
アンティークのディスクオルゴール用のリカットディスクのリストを
ホームページ上で閲覧してもらえるようにしていたのですが、
先日お伝えした通り、もっと見やすくするために変更を加えつつ
価格表記もほとんどのディスクで完了しました。
で、話しは戻りますが、そういえば現代のオルゴール用のディスクも
入手することが可能なので、同じページにリストを掲載しようと
資料を整理していました。すると日本ビクターから発売されていたオルゴールのカタログが出てきました。
そういえば10年位前にそんなオルゴールがあったなぁと、思い出しているとカタログには1996年2月とあったので、正確には12年前になるんですね。
コピーだったので白黒で少し見にくいですが写真も載せておきます。
RJ-3000

当時発売されていた機種は
RJ-1000
RJ-3000
RJ-5000
の3機種。
RJ-1000はシリンダーオルゴールにアウトサイドホーンを搭載した機種。
RJ-3000は上の写真のようにディスクオルゴールにアウトサイドホーンを搭載した機種。
RJ-5000はアップライトのケースにディスクオルゴールの音をロードさせてホーンで中低音域を増幅させる機種。
蓄音機にルーツを持つビクターの意気込みが感じられるオルゴール達です。
このような「コラボ」企画はオルゴールが進化?できる可能性を感じさせてくれるので個人的には面白いなぁと思っていたのですが、残念ながら現在では販売していません。
こちらも見にくいですが、各機種の音の伝わり方についての説明です。

(写真をクリックで拡大)
カタログにも記載されていたのでご存知の方も多いかと思いますが、
このビクターのオルゴールにはスイスのリュージュ社のオルゴールのムーブメントが採用されていました。
シリンダーは3曲50弁
ディスクはAD-41という28.0cm(11″)のディスクを使用するムーブメントでした。
こちらのリュージュ製ディスクオルゴールも残念ながら生産終了していますので、現行のラインナップからは外れています。
でも、ラッキーなことに純正ディスクが入手可能なことがわかりました。
こちらからリストをリンクしていますので、ディスクを探していた方はチェックしてみてください。
リュージュ28.0cm(11″)ディスク曲目リスト
今回米国のポーター社のディスクもリストに加えましたので、
興味のある方はご一読下さい。
ポーター31.0cm(12 1/4″)
ポーター39.5cm (15 1/2″)
リュージュ11.4cm (4 1/2″)
リュージュ28.0cm (11″)
これで、取り扱い曲目が4622曲になりました。
同じディスクを使用する機種も各メーカー、サイズ毎にリストアップしてますので、正確にはもう少し少ないのですが、それを考慮しても実にたくさんの曲が聴く事ができますね。
これらのリストは全て一つのデータベースにまとめてありますので、いったいショパンの曲はどれだけあるの? とかAve Mariaはどのオルゴールで聴くことができるの など。
割と簡単にリストアップすることが可能になりましたので、
もっとマニアックなリクエストも受け付けてます!
メールはこちらまで(スパムメール対策のためリンクしてませんのでアドレスはコピーの後@を半角に変更してください)
電話でお問い合わせいただいても良いですよ。
support@enokiya.com
株式会社 榎屋
電話 072-727-7791
最後に、これはホームページにも書いていますが、
曲目リストは個人的に使用される分には印刷したり、どのように利用していただいても結構なのですが、ブログページに転載される場合や、商用で利用される場合はメールで結構ですので一言お声をかけてください。
よろしくお願いします。