レジナ社の歴史

米国の”Regina”社の歴史に関しての記載が1968年初版で現在では絶版の”The Musical Box Handbook”という本にあります。著者が米国の方のためかなり米国寄りの主観がかなり入っていますが、簡潔にレジナ社の歴史を表現されていますので、こちらでご案内させて頂きます。
日本では「レジナ」、又は「レジーナ」と表記される事が多いですが、弊社では「レジナ」と呼ぶ事が多いので文中でも「レジナ」を使用しています。

regina
**************

Graham WEBB
The Musical Box Handbook -Disc Box-
Vestal Press
pp.31~36

米国内だけでなく多くの国のオルゴールコレクターが、レジナ社のオルゴールの音色がもっとも良いと考えているのは間違いありません。その音色と共にシンプルなデザインを持つケース、さらにどんなコレクターもが持つ喜びを味わえるものであったため、近代の家に容易に溶け込んだのです。秀逸な音色はレジナ社によって完成され、ケース全体を響体とするデザインであった。シンプルなデザインは実際のところ、ヨーロッパの機種に多く採用されていたドイツ風の彫刻を施せる職人が少なかったためと思われる。また、当時の「アート&クラフト」運動によってポピュラーになりつつあった「線の優雅さ」を市場が求めていた事も影響しているであろう。どんな理由にせよ、現在でも心地よいデザインである事にかわりない。

レジナ社の歴史は1892年に、ポリフォンの共同創始者であるグスタフ・ブラッハウゼンが5人の職人と渡米したことから始まる。彼はニュージャージーのジャージー・シティに落ち着きレジナ・ミュージック・ボックス・カンパニーを設立する。ブラッハウゼンは当時、3つの有名なディスク・オルゴール会社に於て重要な人物となる。シンフォニオンではパウル・ロッホマンの監督役をつとめ、ポリフォンの共同創始者であり、そして米国で初のディスク・オルゴールを生産を行うレジナである。渡米した後1年ほど、ブラッハウゼンはポリフォンの「相棒」で共同特許権所有者でもある、パウル・リスナーのために米国における特許出願に時間を費やした。1894年の春にレジナ社は3人の株主(ブラッハウゼン、リスナー、そして後援者でもあるジョナス・J・コーナー)によって法人化された。その後急速にレジナ社は名声への階段を登り詰めた。

創業当初レジナ社はライプチッヒにあるポリフォン社からパーツ及びディスクを輸入しジャージー・シティの工場で組み立てる形をとっていた。しかし、時が経つにつれ徐々に機械のほとんどを米国で生産することになる。初期にポリフォン社からパーツやディスクを仕入れていたことが、15-1/2㌅(39.4cm)までのサイズのディスクは両社の機械で演奏することが出来るといったように機械的にも影響を与えた。共通ディスクが15-1/2㌅なのは大型のコイン・オペレーション仕様の機械は1895年以降に生産が始まったためという説が有力である。15-1/2㌅以下のディスクは両社の機械で使えるという事実にも例外はある。しかしそれは単に同様の機械を作っていなかったということに過ぎない。例えば11-1/4㌅(28.6cm)ポリフォンベル付きである。ちなみにこの機械のディスクは通常のベル無しの11-1/4㌅ポリフォンに於ても演奏出来ない。レジナ社は20-3/4㌅(52.7cm)と27㌅(68.6cm)のディスクを大型のアップライト型の機械に採用した。両サイズとも「2枚蓋」タイプの豪華なデザインの卓上モデルも存在するが、基本的にケースはシンプルなデザインのものが中心である。一般販売用や特別注文にも対応し様々な種類があった。

レジナ社は年々成長を続け、生産が最高潮であった時期には年商200万ドルに及ぶ年もあった。しかしそれも長くは続かず、新世紀の始まった1年目、全米に及ぶ不景気の後、1903年にはビクター・トーキング・マシン・カンパニーを始めとした大規模なグラモフォンの販売戦略により大打撃を受けた。レジナ社は1919年までオルゴールの生産を続けたが、1903年当時の後退から復興することはなかった。多くの製品の多様化が続けられ、まず1902年には手動の掃除機が開発される。1903年にはポリフォンからディスク・オーケストリオンの輸入を行い、そのディスクは32㌅にも及び両社が製造したディスクのなかで最大のものであった。このオーケストリオンはピアノ、チューブ・ベル、ドラム、そしてトライアングルを同時に演奏可能であった。これはオートチェンジャーであったため比較的良い販売成績であったと言われている。そしてもう一つのレジナ社の新商品はレジナフォンといい、悲しいかなグラモフォンとディスクオルゴールのコンビネーションであった。この奇妙な機械には様々なモデルが存在する。ポリフォンも同様のタイプの機械を生産していた。更に自動演奏の分野での挑戦は続き様々な自動演奏ピアノが開発された。その後レジナ社が生産していたか定かではないが、印刷機の販売も行なっていた。そして1922年ついにレジナ社は倒産に追い込まれたのである。1919年に最後のディスクオルゴールを生産完了し10万台以上をこの世に送りだした。現存しない会社ではあるが、そのように大量のオルゴールを生産した会社は世界にも類を見ないというのが、レジナ社の名声を築いた一因であったことは間違いない。

********************

いかがでしたか。
ヨーロッパのオルゴールで主流であったゴシック調の彫刻が出来る職人が多くいなかったという事は認めつつも、レジナ社が素晴らしい会社であったと褒めちぎってますね。
15 1/2″までのディスクオルゴールがポリフォン社のものと共通規格である事は不思議に思っておられる方も多いと思いますが、このような理由だったんですね。実はレジナというブランドは今でも残っていて米国のホームセンターではたまにレジナ・ブランドの掃除機を見かけることがあります。

自動演奏楽器の百科事典
全て英語ですが非常に参考になる文献です。

あけましておめでとうございます。

2010newyear.jpg
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
今年はアンティークの修復・販売はもちろんの事、ギフトオルゴールの新商品の開発も予定しています。
春頃にはお知らせできると思いますので、新商品共々よろしくお願い致します。

ステラ 15インチディスク

以前本ブログのコメントにMiraの12″又はStellaの15 1/2″のリカットディスクを取り扱っていないかと、お問い合わせいただいたのですが、残念ながら現在のところリカットディスクとしての取り扱いはしておりません。
でも、アンティーク又は中古のリカットディスクで
ステラの15インチのディスクが若干ではありますが、
入手可能です。
以下のリストは弊社で在庫しているディスクでは無く、海外のディーラー
からの情報ですので在庫状況など変更がある可能性があります。
興味のある方はメール又はお電話にてお問い合わせ下さい。
在庫状況、納期、及び価格をお調べ致します。
STELLA 15″ 4170   ANNIE LAURIE
STELLA 15  ?     JUST IN……..
STELLA 15″ 4328   NARCISSUS
STELLA 15″ 873   SLY MUSETTE – THE MOCKING BIRD
STELLA 15″ ?     SONG FROM FLORODORA(?) – “I WANT…..”
STELLA 15″ 4631   THE BLUE AND THE GRAY
STELLA 15″ ?     UNDER FIRE MARCH
ステラの15インチには 1/2インチと1/4インチという表記があり
上記のリストでは15インチとしかわかっていません。
このあたりは、わりとアバウトな管理をしている人が多く
困ってしまいます。通常は同じ物をさしている事が多いのですが、
ご購入をお考えの方は正確なサイズを採寸してから、受注致しますので
ご安心下さい。

レジナのガバナー

大阪では桜もちらほら咲き始め、今週末あたりはたくさんの人が
桜の木の下でほんのり桜色になってるんだろうなぁ。
と、記事には全く関係のない前置きから始まりましたが、
今回は米国のレジナ社のガバナーについて少し書いてみます。
ガバナーとは空気抵抗を利用してオルゴールの演奏速度を一定に保つための装置で、
シリンダーオルゴールなどの機械では羽根がくるくる回っているのが見える
あの部品です。
アンティークオルゴールには必ずついている装置なのですが、
ゼンマイが一気に開放しないようにする非常に大切な部品です。
細かい説明は話が長くなるのでこの辺でやめておきます。
このガバナーの調子が悪いとオルゴールがスタートしなかったり、
ストップのタイミングが遅れたり、何かのきっかけで
破損すると、一気にゼンマイが開放してしまったり、良いことがありません。
今回はその中でも今回はレジナのガバナーに多い事例を取り上げます。
ディスクオルゴールはベッドプレートの下側についているため
カバーなどで隠れている事が多くあまり目にする事もありません。
下の写真の様な部品です。

クリックで拡大
上の写真から、羽根の部分を分解した写真。

クリックで拡大。
そうです。矢印の部分に気がつかれましたか?
ヒビが入っています。
この部品は真鍮製のリングを「カシメ止め」という止め方で、
オルゴールの演奏をストップさせる部品を止めているのですが、
100年近く経過しているので、経年劣化と部品にかかる応力の関係で
ヒビが入ってしまっています。
特に扱い方が悪いからヒビが入ったという部品ではありません。
100年間ご苦労様です。と行った感じでしょうか。
この機械の場合はまだ辛うじて機能していたのですが、
演奏をストップする際のタイミングが狂いがちでした。
羽根も同じようにカシメ止めされているのですが、羽根の止めが
甘くなると大変です。一定の速度で回らなくなるだけでなく
ゼンマイがすごい勢いで開放されてしまいます。
さて、この部品の修理方法なのですが、
ここからが本題ですね。
ホームセンターに行って部品を買って、取り付けましょう。
と行ったふうには、いきません。

まず、ガバナー部分を本体から分解します。
ウォームギアと呼ばれる螺旋状のギアを傷つけないように
慎重に破損部分を取り外します。
破損している部品を計測します。
このような部品は現在では普通に手に入れることができませんので、
真鍮材料を旋盤加工して同じサイズで部品を作り直します。
取り外したのとは逆の手順で慎重に他の部品を傷つけないように、修理部品をカシメ直します。

完成写真

クリックで拡大。
この場合はスペースに余裕があったので、厚みを少し増した部品を
製作しました。より強い部品になっています。
このように、小さな部品でも大事な役割を担う部品は
大きなトラブルになる前に修理、修復する事をお勧めします。
当工房で行っているオルゴール博物館でのメンテナンス作業内容のひとつに
このような部品を早期発見して、機械に大きなダメージを与えないように
する作業も含まれています。
もちろん、個人で所有されているオルゴールに対してもこのような作業を
行うことは可能です。
ここからは少し宣伝なのですが、榎屋で販売しているアンティークオルゴールを始め、蓄音機、自動演奏楽器はこのような問題が無いかどうか、点検し、問題がある場合は修理、修復作業を行ってから販売しています。
具体的にお探しの機種が無くても、このような楽器を探しているという方はお気軽にご相談ください。または修理、修復のご相談でも結構です。連絡先はホームページ又は下記しておきますのでご参照下さい。
メインのホームページのアドレスを下にリンクしていますが、
現時点ではアンティークオルゴールなどの販売商品のページがありません。
随時追加していく予定ですが、アンティークオルゴールが欲しくて、欲しくて
ホームページに掲載されるまで待てない!
と言う方は、お電話にてお問い合わせください。
では、あまり飲み過ぎないように、よい花見シーズンをお迎え下さい。
株式会社 榎屋

Enokiya Music Boxes

TEL 072-727-7791

日本ビクター社製オルゴール

職人(アルチザン)は、ときとして
芸術家(アーティスト)をこえる。
と、すごいキャッチコピーで始まりましたが、
これは日本ビクターから発売されていた
オルゴールのキャッチコピーです。
アンティークのディスクオルゴール用のリカットディスクのリストを
ホームページ上で閲覧してもらえるようにしていたのですが、
先日お伝えした通り、もっと見やすくするために変更を加えつつ
価格表記もほとんどのディスクで完了しました。
で、話しは戻りますが、そういえば現代のオルゴール用のディスクも
入手することが可能なので、同じページにリストを掲載しようと
資料を整理していました。すると日本ビクターから発売されていたオルゴールのカタログが出てきました。
そういえば10年位前にそんなオルゴールがあったなぁと、思い出しているとカタログには1996年2月とあったので、正確には12年前になるんですね。
コピーだったので白黒で少し見にくいですが写真も載せておきます。
RJ-3000

当時発売されていた機種は
RJ-1000
RJ-3000
RJ-5000
の3機種。
RJ-1000はシリンダーオルゴールにアウトサイドホーンを搭載した機種。
RJ-3000は上の写真のようにディスクオルゴールにアウトサイドホーンを搭載した機種。
RJ-5000はアップライトのケースにディスクオルゴールの音をロードさせてホーンで中低音域を増幅させる機種。
蓄音機にルーツを持つビクターの意気込みが感じられるオルゴール達です。
このような「コラボ」企画はオルゴールが進化?できる可能性を感じさせてくれるので個人的には面白いなぁと思っていたのですが、残念ながら現在では販売していません。
こちらも見にくいですが、各機種の音の伝わり方についての説明です。

(写真をクリックで拡大)
カタログにも記載されていたのでご存知の方も多いかと思いますが、
このビクターのオルゴールにはスイスのリュージュ社のオルゴールのムーブメントが採用されていました。
シリンダーは3曲50弁
ディスクはAD-41という28.0cm(11″)のディスクを使用するムーブメントでした。
こちらのリュージュ製ディスクオルゴールも残念ながら生産終了していますので、現行のラインナップからは外れています。
でも、ラッキーなことに純正ディスクが入手可能なことがわかりました。
こちらからリストをリンクしていますので、ディスクを探していた方はチェックしてみてください。
リュージュ28.0cm(11″)ディスク曲目リスト
今回米国のポーター社のディスクもリストに加えましたので、
興味のある方はご一読下さい。
ポーター31.0cm(12 1/4″)
ポーター39.5cm (15 1/2″)
リュージュ11.4cm (4 1/2″)
リュージュ28.0cm (11″)
これで、取り扱い曲目が4622曲になりました。
同じディスクを使用する機種も各メーカー、サイズ毎にリストアップしてますので、正確にはもう少し少ないのですが、それを考慮しても実にたくさんの曲が聴く事ができますね。
これらのリストは全て一つのデータベースにまとめてありますので、いったいショパンの曲はどれだけあるの? とかAve Mariaはどのオルゴールで聴くことができるの など。
割と簡単にリストアップすることが可能になりましたので、
もっとマニアックなリクエストも受け付けてます!
メールはこちらまで(スパムメール対策のためリンクしてませんのでアドレスはコピーの後@を半角に変更してください)
電話でお問い合わせいただいても良いですよ。
support@enokiya.com
株式会社 榎屋
電話 072-727-7791
最後に、これはホームページにも書いていますが、
曲目リストは個人的に使用される分には印刷したり、どのように利用していただいても結構なのですが、ブログページに転載される場合や、商用で利用される場合はメールで結構ですので一言お声をかけてください。
よろしくお願いします。

ディスク、disc、disk?

かなり久しぶりになってしまいましたので、少しマニアックな話題を。。
えっ、いつもの事?それは失礼いたしました。

一口にディスクオルゴールと言っても実にたくさんの種類が存在します。
一部互換性のあるディスクもありますが、そのほとんどが専用ディスクを使用します。
詳細なリストはホームページの方に記載致しますが(ここをクリック!
ブランド名をリストにするだけでも37ブランド、ここから各ブランドが違うサイズの
ディスクオルゴールを製造していたので、実に204種類!とても覚えきれません。
後に記述する課題を解決すると少し減るかもしれません。
このリストは榎屋でのオルゴールの修復と、様々な文献、リカットディスクの工房の資料を基に
作成した物ですが、このリストの中に無いディスクオルゴールが存在していても不思議ではありません。
榎屋で作成したリストをホームページから公開致しますが、このリストには様々な課題があります。
リストは自由に使用していただいて結構ですので、以下の課題を含め皆様からの意見を募集したく思います。
迷惑メール防止のためクリックできませんが、info@enokiya.comまでどしどしメールお待ちしています。
転載の場合もご連絡ください。
このリストの課題。
1、コーム数とドライブの種類の項目があった方が良い。(多数把握しているのですが、整理しきれていません)
2、インチ表記に関する誤差の整理(下に例を挙げて説明します)
3、このリスト以外にも存在する機種がある。
インチ表記に関する誤差。
米国でのコレクターが多いため、ディスクサイズがインチをベースにしている物がたくさんあります。
おおらかな国民性なのか、インチ計測/表記の限界なのか、割とアバウトな物が多いです。
例を挙げると、
シンフォニオン  11 7/8″と表記している資料もあれば、12″としている物もある。
メートル法で実測すると30.0cmなので、11 7/8″の方が近いようです。このディスクは
実測する事が出来たので、11 7/8″ と12″は同じディスクとして扱っています。
ステラ  13 7/8″と表記している資料もあれば14″と表記している物もある。
これも上記のシンフォニオンと同じように1/8″の差なのですが、実機が無いために未確認です。
同じディスクの事をさしている可能性が高いと思われます。
これはほんの一例ですが、このように資料によって1/8″違いのディスク表記はたくさんあります。
たいていの場合、1/8″程度の誤差であれば同じディスクをさす事が多いので、実機があれば演奏してみる事で、解決するのですが、希少機種の場合なかなかそのようなチャンスに恵まれない事が多いです。
一方でポリフォンンの24.3cmと24.6cm(ベル付き)のように直径が3mm違うだけで同じメーカーの物であっても互換性が無い場合あったり、シンフォニオンも非常に細かいピッチで互換性の無いディスクサイズが存在します。
そのため、誤差と思われるディスクも別の物と扱っています。
また、インチ表記では同じサイズなのにセンチ表記では数値が違う物がありますが、それらはディスクを実測した物です。
このように、産業革命後に生産されたディスクオルゴールは機種管理にに一貫性があると思われている部分も多いですが、シリンダーオルゴールのようにまだまだ謎も多いところがたくさんあります。
コレクター魂をくすぐられる一面かも知れませんね。
コームの数やレイアウト、ドライブホイールの位置を確認する事でも、ある程度絞り込めますので
そのような情報をお持ちの方、ぜひご一報ください。榎屋で把握している資料も随時公開していきます。
37ブランド 204種サイズ別リストはこちら
アドラー Adler
アリオン Arion
ブリタニア Britania
セレスタ Celesta
セレステ Celeste
コーデフォン Chordephon
クリテリオン Criterion
エーデルワイス Edelweiss
エンプレス Empress
ユーフォニア Euphonia
ユーフォニオン Euphonion
フォーチュナ Fortuna
グロリア Gloria
ハルモニア Harmonia
インパレーター Imperator
インペリアル Imperial
インペリアル・シンフォニオン Imperial Symphonion
カリオペ Kalliope
コメット Komet
ロッホマン Lochmann
マイラ Mira
モナーク Monarch
モノポール Monopol
ニューセンチュリー New Century
オリンピア Olympia
オルフェニオン Orphenion
オルフェウス Orpheus
パーフェクション Perfection
ポリヒムニア Polyhymnia
ポリフォン Polyphon
レジナ Regina
シリオン Sirion
ステラ Stella
シンフォニオン Symphonion
タンホイザー Tannhauser
トライアンフ Triumph
トラバドール Troubadour
さて、あと気になるのはこれらのディスクが入手可能なのかどうかですよね。
アンティークディスクに関してはコツコツ探すしか無いので、縁の物という要素が非常に強いのです。榎屋にも在庫しているアンティークディスクがありますが、まだ整理しきれていませんので
随時、在庫分として紹介していきます。
それから、リカットディスクと言って、現在でもアンティークオルゴールで演奏可能なディスクをプレスしている工房が存在します。入手可能なリストをホームページで紹介していますので、興味のある方はご覧ください。(ここをクリック!