SP盤とオルゴール

Bornad_music

弊社ではアンティークオルゴールを中心に様々な商品を取り扱っています。蓄音機で使用するSP盤もそのひとつで、輸入盤を中心に常時500タイトルくらいは在庫しています。今回はSP盤とオルゴールの意外な繋がりからとても面白いことがわかりましたので興味のある方は是非ご一読ください。

SP盤の在庫整理をしていたところおもしろいSP盤がでてきました。写真のSP盤は実際のオルゴールの演奏を録音したものなのですが、このSP盤のレーベル会社としてクレジットされているBornand Music Box Record Co.という名称が気になったので少し調べてみました。
海外からのオルゴールの仕入れの際、Bornand Collectionというキーワードを聞くことがあります。オルゴールについて記載されている書籍にも良く登場するコレクションですので、オルゴールに携わる方は馴染みのある名前だと思います。私は影響力のあるディーラーくらいの感覚でいたのですが、調べて行くにしたがってアンティークオルゴールの世界ではとても重要な家系であることが解ってきました。Bornandの日本語表記については様々な読み方があると思いますがここではボルナンとさせて頂きます。

************
ボルナン・コレクションについて

1860年頃オルゴール発祥の地としても有名なスイス、サンクロアにて時計及びオルゴールの職人として活躍していたアドリアン・ボルナンがいた。その甥であるジョセフ・ボルナンが1883年にパイヤール氏などと共に米国に移民する事となる。ジョセフは既にスイスでオルゴール職人として活動していたため米国に移民した際にボルナン・インコーポレイテッドというオルゴールの製作を行う会社をマンハッタンから北東に位置するペルハムに設立する。ジョセフはオルゴールの機能の向上に多大な影響を与え、交換式シリンダーオルゴールの機能に関する特許等も取得している。

ジョセフには3人の子供がいたが、第2子であるアドリアン(叔父と同じ読み)がオルゴールの職人としてジョセフの後を継ぎ、同じペルハムにボルナン・ミュージック・ボックス・カンパニーを設立する。既にオルゴールの黄金期は終わっていたが、腕の良い修復家として既に流通していたオルゴールの修理を中心に活動した。1949年(1951年とも言われている)のアドリアンの死後、彼の妻であったルースが会社を引き継ぎオルゴールを録音したレコードレーベルの設立、スイスから小型オルゴールの輸入、オリジナルグッズの販売など、1970年代にはカリフォルニアに支社を持つ程に成長した。
また、アドリアン/ルース夫妻は現在でも活動の続く国際オルゴール協会の設立メンバーでもあった。

オルゴール関連書籍には必ず名前が掲載されているといっても良いボルナン・コレクションであるがアドリアン/ルース夫妻によって集められた様々なオルゴールは貴重な資料としても有名なコレクションである。

Adrian Bornand : 活動期1860年頃
Joseph Bornand:1873-1940
Adrien Bornand:1902-1949(1951)
Ruth Bornand:1901-2000

参考資料:
Encyclopedia of Automatic Musical Instruments, David Bowers
History of the Musical Box and of Mechanical Music, Alfred Chapuis
The Musical Box Handbook: Vol 1: Cylinder Boxes, Graham Webb
The Musical Box: A Guide for Collectors, Arthur W. J. G. Ord-Hume

************

現在でもオルゴールを録音したCDなどが多く販売されていますが、SP盤の時代にもこのようなものが存在したことは、いつの世も手軽にオルゴールの音楽を手軽に楽しみたいと考える人がいたのだなと思うと、とても興味深いですね。

レジナ社の歴史

米国の”Regina”社の歴史に関しての記載が1968年初版で現在では絶版の”The Musical Box Handbook”という本にあります。著者が米国の方のためかなり米国寄りの主観がかなり入っていますが、簡潔にレジナ社の歴史を表現されていますので、こちらでご案内させて頂きます。
日本では「レジナ」、又は「レジーナ」と表記される事が多いですが、弊社では「レジナ」と呼ぶ事が多いので文中でも「レジナ」を使用しています。

regina
**************

Graham WEBB
The Musical Box Handbook -Disc Box-
Vestal Press
pp.31~36

米国内だけでなく多くの国のオルゴールコレクターが、レジナ社のオルゴールの音色がもっとも良いと考えているのは間違いありません。その音色と共にシンプルなデザインを持つケース、さらにどんなコレクターもが持つ喜びを味わえるものであったため、近代の家に容易に溶け込んだのです。秀逸な音色はレジナ社によって完成され、ケース全体を響体とするデザインであった。シンプルなデザインは実際のところ、ヨーロッパの機種に多く採用されていたドイツ風の彫刻を施せる職人が少なかったためと思われる。また、当時の「アート&クラフト」運動によってポピュラーになりつつあった「線の優雅さ」を市場が求めていた事も影響しているであろう。どんな理由にせよ、現在でも心地よいデザインである事にかわりない。

レジナ社の歴史は1892年に、ポリフォンの共同創始者であるグスタフ・ブラッハウゼンが5人の職人と渡米したことから始まる。彼はニュージャージーのジャージー・シティに落ち着きレジナ・ミュージック・ボックス・カンパニーを設立する。ブラッハウゼンは当時、3つの有名なディスク・オルゴール会社に於て重要な人物となる。シンフォニオンではパウル・ロッホマンの監督役をつとめ、ポリフォンの共同創始者であり、そして米国で初のディスク・オルゴールを生産を行うレジナである。渡米した後1年ほど、ブラッハウゼンはポリフォンの「相棒」で共同特許権所有者でもある、パウル・リスナーのために米国における特許出願に時間を費やした。1894年の春にレジナ社は3人の株主(ブラッハウゼン、リスナー、そして後援者でもあるジョナス・J・コーナー)によって法人化された。その後急速にレジナ社は名声への階段を登り詰めた。

創業当初レジナ社はライプチッヒにあるポリフォン社からパーツ及びディスクを輸入しジャージー・シティの工場で組み立てる形をとっていた。しかし、時が経つにつれ徐々に機械のほとんどを米国で生産することになる。初期にポリフォン社からパーツやディスクを仕入れていたことが、15-1/2㌅(39.4cm)までのサイズのディスクは両社の機械で演奏することが出来るといったように機械的にも影響を与えた。共通ディスクが15-1/2㌅なのは大型のコイン・オペレーション仕様の機械は1895年以降に生産が始まったためという説が有力である。15-1/2㌅以下のディスクは両社の機械で使えるという事実にも例外はある。しかしそれは単に同様の機械を作っていなかったということに過ぎない。例えば11-1/4㌅(28.6cm)ポリフォンベル付きである。ちなみにこの機械のディスクは通常のベル無しの11-1/4㌅ポリフォンに於ても演奏出来ない。レジナ社は20-3/4㌅(52.7cm)と27㌅(68.6cm)のディスクを大型のアップライト型の機械に採用した。両サイズとも「2枚蓋」タイプの豪華なデザインの卓上モデルも存在するが、基本的にケースはシンプルなデザインのものが中心である。一般販売用や特別注文にも対応し様々な種類があった。

レジナ社は年々成長を続け、生産が最高潮であった時期には年商200万ドルに及ぶ年もあった。しかしそれも長くは続かず、新世紀の始まった1年目、全米に及ぶ不景気の後、1903年にはビクター・トーキング・マシン・カンパニーを始めとした大規模なグラモフォンの販売戦略により大打撃を受けた。レジナ社は1919年までオルゴールの生産を続けたが、1903年当時の後退から復興することはなかった。多くの製品の多様化が続けられ、まず1902年には手動の掃除機が開発される。1903年にはポリフォンからディスク・オーケストリオンの輸入を行い、そのディスクは32㌅にも及び両社が製造したディスクのなかで最大のものであった。このオーケストリオンはピアノ、チューブ・ベル、ドラム、そしてトライアングルを同時に演奏可能であった。これはオートチェンジャーであったため比較的良い販売成績であったと言われている。そしてもう一つのレジナ社の新商品はレジナフォンといい、悲しいかなグラモフォンとディスクオルゴールのコンビネーションであった。この奇妙な機械には様々なモデルが存在する。ポリフォンも同様のタイプの機械を生産していた。更に自動演奏の分野での挑戦は続き様々な自動演奏ピアノが開発された。その後レジナ社が生産していたか定かではないが、印刷機の販売も行なっていた。そして1922年ついにレジナ社は倒産に追い込まれたのである。1919年に最後のディスクオルゴールを生産完了し10万台以上をこの世に送りだした。現存しない会社ではあるが、そのように大量のオルゴールを生産した会社は世界にも類を見ないというのが、レジナ社の名声を築いた一因であったことは間違いない。

********************

いかがでしたか。
ヨーロッパのオルゴールで主流であったゴシック調の彫刻が出来る職人が多くいなかったという事は認めつつも、レジナ社が素晴らしい会社であったと褒めちぎってますね。
15 1/2″までのディスクオルゴールがポリフォン社のものと共通規格である事は不思議に思っておられる方も多いと思いますが、このような理由だったんですね。実はレジナというブランドは今でも残っていて米国のホームセンターではたまにレジナ・ブランドの掃除機を見かけることがあります。

自動演奏楽器の百科事典
全て英語ですが非常に参考になる文献です。

ゼンマイ

ゼンマイ(Spring Motor)
DSC_0078.jpg
この写真はアンティークのシリンダーオルゴールで使用されているゼンマイの分解写真です。
奥に見えているギザギザはゼンマイの力をオルゴールのメカニズムに力を供給する為のギアです。
日本語では植物のゼンマイのようにクルクルと巻いていることから、ゼンマイと呼ばれていますが、英語などではバネ・モーターのように文字通り回転を伝える為の中心部品としての呼称が一般的です。
香箱の片面のカシメ止めされたプレートを外した状態なのですが、少しわかりにくいですが、古いグリスが固まっているのが見て取れます。このような状態ではバネの摩擦抵抗が大きくなりゼンマイの力が弱くなることがあります。古いグリスを除去、洗浄を施し、新しい潤滑剤を注入する事で本来の力を発揮することができます。
とはいえ、ゼンマイは金属部品ですので100年の間に巻き取り、開放を繰り返す事で金属疲労を起こし裂断を起こす事もあります。コレばかりはどうしようもないのですが、前記のように摩擦抵抗を減らす事で寿命を伸ばす事は可能です。
ゼンマイが切れるときには、切れる場所とタイミングにもよりますが、ドーンと大きな音がして、ゼンマイを巻いても空回りしているような状態になります。適切なバネ鋼を巻き直す事で修復する事は可能です。
現代のオルゴールはもちろんの事シートベルトや、掃除機のコード、テープメジャーの巻き戻り機能などゼンマイは現在でも身近なところで使用されています。100年以上前の機械に組み込まれている機能がいまでも身近に使用されているのは、とても面白いですね。
バネの基礎を紹介している書籍です。

鉄メロ

今年の春からひっそりと弊社で販売しているオルゴールがあります。
「鉄メロ」と勝手に名付けていますが、実に興味深い事実がそこにはありました。
一度もこのページで紹介した事が無かったので、少し紹介します。
鉄道に乗って旅をしていると、車掌さんが車内放送をする前に流れるメロディがあるのをご存知ですか。
あまりにも自然な為にほとんど意識する事がないかもしれませんが、実は結構いろんなメロディが流れています。
新幹線でも「いい日旅立ち」や「アンビシャスジャパン」などが車内放送の前後に放送されています。
現在流されているメロディはほとんどが電子音なのですが、一昔前にブルートレインやその他の特急列車などで使用されていたメロディは実は本物のオルゴールが使われていたんですね。現在でも極々一部の列車で本物のオルゴールを聴くことができるようです。
DSC_0001.jpg
オルゴールというボタンがあります。
DSC_0025.jpg
上の機械のオルゴール部分。
上の機械にはハイケンスのセレナーデという曲のオルゴールが搭載されています。
主に客車で使用されていたようです。
このメロディが非常に心地よく、鉄道ファン以外の方にも是非聞いて頂きたいという思いから、なんとか商品化できないかなと考え始めました。その後JRさんやメーカーさんに問い合わせたところ国鉄時代の機械である為ほとんど情報が残っていないという事が見えてきました。
そこで、写真にある機械を演奏できる状態まで修理して音を取り出し、新たなオルゴールのムーブメントを製作するに至る訳ですが、商品化までにはたくさんの方たちのご協力を頂きました。
もう一度お礼申し上げます。ありがとうございました。
手軽にメロディを楽しんでもらえる様に手回しのオルゴールにした物を「木箱」というシリーズに、オリジナルのボタン仕様の雰囲気を楽しんでもらえる様に「鉄箱」というシリーズで車内メロディのオルゴールを作っています。鉄道の車内で流れるメロディという事で「鉄メロ」と勝手に呼んでます。
「ハイケンスのセレナーデ」は春から販売していますが、今回「アルプスの牧場」という曲を「木箱」シリーズに追加しました。曲目を追加するにあたって予想外の苦労があったのですが、それはまた次の機会に紹介したいと思います。
次は「鉄道唱歌」かな?
長くアンティークのオルゴールの修復に携わっていますが、
まだまだオルゴールの世界には知らない事がたくさんあるんだな、と気づかされた出来事でした。
機械についてもう少し詳しく弊社の商品紹介ページに記載しています。
「鉄メロ」紹介ページ
ご購入はこちらから、
榎屋ウェブショップ

春の知らせ?

大阪は2、3日前から急に寒くなりました、
全国的にも大雪のニュースを多く耳にします。
皆様、体調等崩されぬようお気をつけ下さい。
さて、新春より京都嵐山オルゴール博物館にて新しい特別展が始まりました。
一口にシンギングバードといっても実は非常にたくさんの種類があります。その中でもアンティークから現代のものを幅広く取り上げておられます。
ジャケドロの作品も公開されていますので、本物の鳥と聞き間違える程のシンギングバードの音色で一足早い春の訪れを感じる事が出来るかもしれませんね。
ara01.jpg
京都嵐山オルゴール博物館

あけましておめでとうございます。

2010newyear.jpg
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
今年はアンティークの修復・販売はもちろんの事、ギフトオルゴールの新商品の開発も予定しています。
春頃にはお知らせできると思いますので、新商品共々よろしくお願い致します。

プーラー

オルゴールや自動演奏楽器に関してたくさんお伝えしたい事はあれど、
なかなか、落ち着いて記事を書く時間をとれず、このページも更新が滞っています。
そこで、取りためている写真の中から、1枚をピックアップしてその写真に関するあれこれを紹介するコーナーを設けることにしました。
テーマは「1枚の写真」ということだけにして、色々な事を取り上げていきたいと思います。基本的にはオルゴールや自動演奏楽器の分解中にまつわる、話しになるかとは思います。自作オルゴールや、ご自分で修理をされたい方の参考になるかもしれません。
プーラー(puller)
puller.jpg
基本的にはその名の通り、「引っこ抜く」ための専用工具です。
車関係の修理をされている方は、なじみの工具だと思います。
オルゴールでも軸上に様々な部品が取り付けられている事が多く、それらの部品を無理に引き抜こうとすると、部品をいためるだけではなく、最悪の場合は軸を曲げてしまう事もあります。
赤い部分が工具の中心で、向かって右側にハンドルがあり、向かって左側の2つの爪状のもので、取り外したい部品を均等な力で引き抜くことができます。
写真の部品は(写真全体の向かって左側が部品です。)蓄音機のゼンマイの軸で、引き抜こうとしている部品はゼンマイ巻き戻り防止のラチェットギアです。
軸の頭を痛めないように真鍮のスペーサーを工具との間にいれ、右側のハンドルを時計回りに回すと少しづつ、安全にラチェットギアを引き抜く事が出来ます。
うまく伝わりましたでしょうか。なかなか言葉では説明が難しいですね。
プーラー1つをとっても写真の工具だけでなく、3本爪のものや、ベアリングを外す為のもの等たくさんの種類があるだけでなく、オルゴールの部品は小さなものが多い為、部品を引っ掛ける為の爪を薄く削ったものなど、その部品の特性にあわせたたくさんの種類を用意しています。
使用している工具はクッコというメーカーのプーラーですが、ギアプーラーと言う言葉をキーに調べるとたくさん情報が出てくると思います。
下のリンクでいろんな種類のプーラーを見る事が出来ます。
クッコ オフィシャルサイト

弊社でもこのセット使ってます。

関西のオルゴール博物館

9月も下旬に入り大阪もすっかり朝、晩は寒い位涼しくなりました。
しかし、シルバーウィークというのはいつの間に出来てたんでしょうね。
ゴールデンの秋版だから、シルバーなんでしょうか。そのうちブロンズウィークなんてのも出てくるんでしょうか。
まぁ、そんな事はさておきいつかどこかで紹介しようと思っていたのですが、
関西にあるオルゴール博物館の事を少し、関西以外の博物館も少しづつ取り上げていきたいと思いますが、まずは地元の関西から。
五十音順です。
京都嵐山オルゴール博物館
Arashiyama.png
リュージュオルゴールの創始者一族であるギド・リュージュ氏のコレクションを中心に展示しています。
オルゴールだけで無く、オートマタやオルゴールを内蔵した裁縫箱等様々なジャンルのオルゴールを見る事が出来ます。
特に現代のオートマタ作家フランソワ・ジュノ氏の作品を展示、実演している世界的にも数少ない施設です。現在は15周年の特別企画としてアンティークから現代のピエロエクリバン3体の競演を見る事が出来ます。
財団法人堀江オルゴール博物館
Horie.png
前理事長堀江氏の収集したコレクションを中心に展示されています。
シリンダーオルゴールとディスクオルゴールの数型の施設と比べても圧倒的に多く、コレクターの間でも非常に珍しいとされるオルゴールがたくさんあります。
博物館3Fからの眺めは絶景です。
23日までは特別に常設展示ではない「エオリアン・グランド」を聞く事が出来ます。19日~23日までの期間限定ですのでお見逃し無く。
ホールオブホールズ六甲
Rokkko.png
1度に収容できる人数は関西最大のオルゴール博物館ではないでしょうか。
大きなホールで様々なオルゴールや自動演奏楽器を楽しむ事が出来ます。
六甲山の山中に位置し、近くには高山植物園やガーデンテラスなどがありますので六甲山での1日を過ごすというのも良いアイデアかも知れません。
現在博物館では神戸市在住の方から寄贈されてた蓄音機の新収蔵品のお披露目をされています。弊社で修復を担当させていただいた蓄音機なので、弊社の仕事を見て頂く良い機会でもあります。
上の博物館名と写真は各オルゴール博物館のホームページへリンクしていますので、
詳細はそちらでご確認下さい。
ぜひこの「シルバーウィーク」(^^;)に訪れてみてください。

オルゴールの箱自作してみませんか。

といっても、キットを組むだけなのですが、
プリカット済みの板からパーツを抜き出して、
「クサビ」を使って組み込んでゆきます。
kit_wm.jpg
割と簡単に組み上げる事が出来ますので、子供さんでも作ることが出来ます。
キットは無塗装の板なので、簡単に組むだけでも良いのですが、塗装を施して綺麗に仕上げようと思うと、大人でも十分楽しむ事が出来ます。
オルゴールは三協精機の18弁オルゴールの3曲から選んでいただく事もできますし、ボックスキットのみの販売もしています。
ウェブショップの撮影用に無塗装で一度組み上げた後、全部分解してオイルステインで着色して、中塗りを施し、仕上げ塗装を施している途中なのですが、なかなか面白いです。
小物入れもついてますので、夏休みの工作とまでは行かないかもしれませんが、想い出づくりに親子で楽しんでみてはいかがでしょうか。
ウェブショップからも購入頂けますが、直接ご来店して購入もしていただけます。お近くの方は是非、塗装済みのサンプルも見にいらしてください。
榎屋ウェブショップ
DIYBOX_WM.jpg

残り1週間となりました。

御好評頂いております、ディスクオルゴール用のリカットディスクの販売価格値下げキャンペーンですが、残り1週間となりました。
2009年4月30日までの受注分を提示価格の20%オフにてご購入頂けます。
アンティークオルゴールだけで無く、リュージュやポーターのディスクオルゴールの交換用ディスクもございますので、是非この機会をご利用下さい。

現在オンラインショップのリンクが改装中となっていますが、
5月1日を目指して鋭意製作中です。
以前のオンラインショップよりも機能、内容ともにパワーアップして
している(ハズです)ので、ご期待下さい。